施設案内

ごあいさつ

写真:待合室

そよかぜ循環器内科・糖尿病内科は ともすれば時間に追われがちな、あくせくとしたストレスの多い現代社会において、”癒し” をテーマに院長がこだわりをもって建築設計を行いました。外来診察に必要な血液検査や生理機能検査のほとんどをクリニック内で完結させているために、検査結果が出揃うまでにお時間を頂戴しております。そのため待ち時間がやや長くなることもございます。その場合には柔らかい陽射しや照明あるいはBGMの中にセッティングされたアートの数々にご一目いただければ、待ち時間のストレスも多少は緩和されるのではないでしょうか。
2F受け付け前の大型モニターでは院長が作成したフォトアートや館内の設備のご案内、診療や疾患のご案内などを随時行っております。

写真:インターネットカウンター

写真:携帯電話コーナー

2F待合室にはインターネットカウンターを設けております。6回線のインターネットを準備しておりますので、ご自身のパソコンをお持ちになればインターネットのご利用が可能です。ご入り用の方はお申し出ください。

もちろん当クリニックでは最新の予約システムを導入しており、検査結果を待つ間の時間を院外で過ごすことも可能です。指定診察時間の15-30分前に携帯メールに順番が近づいたことをご連絡することが可能です。どなた様も1日24時間という時間は変わることはありません。待ち時間をどうぞ有効にご利用ください。 
例えば当クリニックでは1日に必要な運動量として30分以上のウォーキングをお勧めしております。検査結果の待ち時間の30分程度をその日のウォーキングにあててみてはいかがでしょうか? クリニックの近隣を散策される場合、リフレッシュコースをご希望の場合は近くの石手川公園がお勧めです。四季のうつろいを堪能することができますし、ゆっくりとストレッチを行うことも可能です。ショッピングコースを希望される場合は高島屋・銀天街に足を向けてみては如何でしょうか? 

ウォーキングのためにクリニックを離れられても診察順番が遅くなることはありません。院内で待機されても院外でウォーキングをされても順番通りに診察を受けられます。あらかじめ採血を受けられ日中はお仕事をなさることも可能です。当日の17時から20時30分の間に再予約をお取りいただき、診察や検査結果の説明を受けることも可能です。

  • 写真:癒しの待合
  • 写真:椅子・オブジェ
  • 写真:3Fエレベーター
  • 写真:館内階段
  • 写真:指導室
  • 写真:診察室入口

ホスピタル・コンシェルジュ

そよかぜC.V.D.では ”ホスピタル・コンシェルジュ” を設けております。あまり耳慣れない言葉かもしれません。これは来院中の患者様が滞りなくスムーズに診察・検査を受けられるようにお手伝いをいたしております。また、血圧・脈拍や問診を行うことにより患者様の受診時の健康状態を適切に把握できるように努めております。患者様の自覚症状としては「たいしたことはない」と感じておられていても、心血管としては実は危機的な状況に直面しているということもございます。通常通りお待ちいただいてよいのか、緊急を要する状況であるのかを専門家の目から評価し、適切に対応ができるように準備いたしております。
また、館内のご案内(予約システム)でもお勧めしましたが、検査結果の待ち時間に院外でウォーキングをされた場合には運動後(帰院時)のバイタルチェック(血圧、脈拍、経皮的動脈血酸素飽和度など)を行い、その運動量が患者様の心肺機能に適したものかどうかのチェックを行います。特に心肺機能が低下している方にとっては、仮に自覚症状がないとしても運動量が過負荷になっている場合がありますので適正な運動量かどうかの判断を行うことが可能です。運動強度が適量であればご自宅でも同じような運動を続けていただければ、安全に運動療法を続けることが可能です。
また、 ”ホスピタル・コンシェルジュ” では過去から未来に向けた患者様の疾患(生活習慣)に関するアドバイザーとしての役割も担っております。健康に関すること、ご自身の生活スタイルに関すること何でもご相談ください。皆様のご要望にお応えすべくスタッフ一同、精一杯のサポートをさせていただくことを願っております。

ホスピタル・コンシェルジュ

心臓・大血管リハビリテーション室

写真:心臓リハビリテーション室

当院では慢性心不全の方や血管疾患の方に積極的に運動療法を勧めています。特に心臓の機能が低下すると心肺機能が低下し、運動耐用能(どの程度運動ができるかという能力)も低下していきます。その結果、全身の血管の状況や代謝の状況が悪くなり、心不全を再発したり、新たな病気が発症したりして余命が短ることもあります。
監視型心臓・大血管リハビリテーションはご自身の心機能に合わせた有酸素運動を行っていただきます。モニター心電図や血圧を確認しながら至適量の運動負荷を行うことで運動耐用能が改善し、血管の状況を良くしたり、代謝の状況を良くすることで健康な状態を維持する治療法です。
当院では4台のサイクルエルゴメーター(特殊自転車)を準備しています。突然の致死的不整脈にも対応できるように除細動器も設置しています。

超音波診断装置

写真:超音波診断装置

心臓の病気や血管(頸動脈、上下肢動静脈、腎動脈、大動脈など)の状況を可視化することにより器質的、機能的な異常を診断することが可能です。

血圧脈波検査装置

写真:血圧脈波検査装置

両腕とふくらはぎの血圧を同時に測定することにより、(1)上下肢の動脈硬化(血流を障害する狭窄性病変)、(2)大動脈から上腕・大腿部にかけての血管の硬さ(脈波:脈が伝わる速さ)が検査できます。また、透析をされている方や糖尿病により特異な動脈硬化のタイプで血管が石のように固くなる場合(メンケベルグの石灰化病変)があり、そのような方は血管を押しつぶして一旦血流を遮断した後、血流の再開を評価することができないために下肢の狭窄性病変の評価が困難でした。当クリニックではメンケベルグの石灰化病変の少ない足の親指に血圧計を巻き、親指での血流状況を評価することにより、実際に狭窄性病変(血流不全)が生じているかどうかを検査することが可能です。

エルゴメーター

写真:エルゴメーター

自転車をこぐことにより心臓に負担をかけ、狭心症や不整脈などの診断を行うことが可能です。下肢の動脈硬化の評価を行うことも可能です。
また、慢性心不全の方には、心予備能に応じた運動負荷を行うことにより心肺機能の改善を行うことが可能です。心臓リハビリテーションの運動メニューとしても使用します。

知覚・痛覚定量分析装置(PAIN VISION)

写真:知覚・痛覚定量分析装置(PAIN VISION)

糖尿病では末梢神経障害を高率に合併しますが、腕や足首に電極をはり、痛覚刺激を行うことにより、早期の糖尿病性末梢神経症の診断を行うことが可能で、データをフットケアに生かすことも可能です。

ホルター心電図

写真:ホルター心電図

24時間電極を装着し心電図をモニタリングすることにより不整脈の検出や自律神経の異常の有無を評価することが可能です。当クリニック内で解析を行うために、解析のための待ち時間が大幅に短縮されています。また、装着いただく子機は軽量で手のひら以下のサイズのものをご用意しており、子機を持ち運ぶストレスは随分軽減されております。

血液検査コーナー

写真:血液検査コーナー

7台の血液検査機器を設置し、糖尿病の血液マーカーや尿検査のほか一般的な生化学検査、貧血、心不全マーカー(NT-pro BNP)など62項目を約1時間以内に測定することが可能です。

リンク:診療の予約

リンク:ドクターNAKAMURAの健康道場

自由診療・あなたの遺伝子情報に基づいたオーダーメイドの生活指導

携帯から診療予約

リンク:予約システム操作マニュアルへ

リンク:採用情報

社員:そよかぜ循環器内科・糖尿病内科外観

病院情報

そよかぜ循環器内科・糖尿病内科


〒790-0026
松山市室町73番1(県立中央病院前)


電話でのお問い合わせ

電話:089-932-1192

外来診療時間:
9:00〜12:30
17:00〜20:30
電話予約:
9:00〜20:30
諸検査・心臓リハビリ:
14:00~17:00
休診:
土・日・祝祭日

リンクメールでお問い合わせ